コンジローマは目に見えて起こる症状なので、アルダラクリームのような塗り薬が処方されます。

そのまま放置していると、コンジローマの場合はどんどん悪化しやすいために、気づいたらすぐにでもケアをしないといけません。塗り薬の選択と、その後の塗り方にもっとも重要になります。

アルダラクリームの場合は、神経に起きたウイルスを抑える作用があります。つまり、抗ウイルスの塗り薬ということになります。

ただし、塗り薬の場合、できるだけ心がけたいのが、二次感染を起こさないようにすることで、アルダラクリームを塗った後にガーゼを当てることです。

あまり、過敏に意識しすぎるのはよろしくはないのかもしれませんが、しかし、クリームを塗るとベタベタするので、肌触りの良い素材のパンツを履いていることで、皮膚を刺激しすぎてしまい、皮膚が荒れて、炎症を起こしてしまう可能性があります。

そのために、ガーゼを塗り、できるだけ、コンジローマを傷めないようにするわけです。

あまり意識する必要もない場合もありますが、マレにかぶれることも有りますので、最低限のことを行うことは決して間違ってはいないと思います。