コンジローマにより痒みや臭いになやむ女性は多いと思いますが、もう一つ、ウイルスが癌と同じなために気をつけなくてはいけないことがあります。

免疫力と関係が深い病気でもあり、年齢や疲労が関係し、極端に免疫が下がることで、病気になり癌が起こりやすいことがわかっています。

癌の患者さんはヘルペスや帯状疱疹になりやすいことがわかっていますが、これは免疫力の低下とともに、ウイルスが増殖しやすいからです。そして、コンジローマも同じことで、ウイルスが増殖するために、発症率も高まります。

特に病気の治療をしておらず、無理をしたうえで、コンジローマにかかって、長期間にわたり、アルダラクリームなどの塗り薬を使わずにそのまま放置することで、重症になるケースが多いです。

体内の何処かの期間でがん細胞が増殖し、免疫が低下させていることが考えられますので、発症に気づいたら治療を急ぐことが重要です。

それから、発症する手前の段階での治療も大切です。それた、人間ドックやがん検査を受けることで、特に高齢者の場合は、毎年のように受けたいところです。

免疫不全により発症しやすいコンジローマやヘルペス、帯状疱疹は、ある意味では考え方を帰ると、その人の免疫力や健康状態をうまく図るためのパロメーターにもなりますので、定期的な検査を率先して行うことをおすすめします。