悪臭の臭いは本当に強いもので、コンジローマの場合はヒトパピローマウイルスによって起こる一つの病気です。感染することでオリモノが増えてしまい、どんどん悪臭が増えてしまいます。

外陰部に尖ったイボのようなものが出来るのが特徴なので、臭いが「強い、どんどん悪臭がひどくなっている」と自覚している場合は、アルダラクリームなど、専用のクリームが必要となります。

アルダラクリームの場合、利用が早ければそれだけ、症状を抑え、治すことにつながりますが、放置することで、どんどん悪化することがわかっています。

しかし、コンジローマの症状が強い場合は、コンジローマが原因で痛みが強くなったりします。しかも、子宮がんの原因となるウイルスと同じ仲間なので、治療する場合は、病院などで一度診てもらうことが大切になり、なおかつパートナーも一緒にきちんと治療することです。

コンジローマと間違えやすいのがカンジタで、白くてポロポロしたカッテージチーズのようなオリモノが出て、外陰部に激しい痒みを伴います。

症状として似通っていますが、こちらはカビの一種の菌です。発症する要因として、炎症を起こして体の抵抗力が落ちている時に起こりやすいです。