普段から清潔感を維持しておかないとコンジローマーが起こりやすいと言われています。しかし、なかなか表に出ないデリケートゾーンは、どのようにして清潔感を心がけていいのかがわからない、、、。

デリケートゾーンを清潔にするおとでコンジローマーの予防やにおい、ムレの対策にもなるために心掛けたいもの。

女性にとってデリケートゾーンに関して気になると答えた人や約60%もいると言われている。ちょっと少ない数値なんですが、しかし、心がけることで、つねに清潔感を意識することになるハトは思う。

普通のボディ用洗浄剤でもいいかとは思うのですが、角質層が14そうある顔などの皮膚に比べ、デリケートゾーンは6そうと薄く、通常の石鹸やボディソープではシゲキが強すぎると言われています。そのために、炎症を起こしたり、かゆみの原因になると言われている。

石鹸などで洗った時に、ヒリヒリしたり、しみたりする。それから普通の石鹸はアルカリ性であることも大事で、界面活性剤が含まれていると、かなりのダメージを受けてしまうと言われている。

デリケートゾーンは弱酸性であることが重要で、雑菌の繁殖を防いでくれる。一般的に利用されている石鹸を使うことで、アルカリ性に傾き、かえってカユミや匂いが生じる可能性が高いと言われているために、専用の洗浄剤が進められています。

ドラックストアーや通販などで販売しているのですが、特に注目したいのが弱酸性で低刺激なもの。各社が独自の特徴を打ち出しているために、購入する前によく調べてから、悩んでいるニオイやムレを改善させることが重要になると思います。