まぁ、事前からしっかりとしたケアをしておけばコンジローマなどの症状にはならないと言われています。ただ、実際になってみないと、事前の予防やケアなどは行わないと思う。

コンジローマは、ヒトパピローマウイルスに観戦することによって発症する病気だそうです。実は、子宮がんの原因にもなるために、やはり、普段からのしっかりとしたケアは必要なんでしょうね。

たとえ、感染したとしても、必ず発病するわけではないそうです。つまり、発症率はかなり低いとのこと。でもですね、1~2ヶ月程度潜状期間を置いて、外陰部や内部、子宮に入り込み、徐々に細かいイボが出来てしまうそうです。ここらへんから徐々に気づくんですね。

パターンによって、その症状を受けた人により、異なるそうですが、基本的には痛みなどには悩まされないそうです。ただし、放置することで、イボが増殖してしまい、そのままにしておくことで、一個の一個のイボが大きくなり、結果的に恥ずかしいことになってしまう・・・。

初期の段階では、アルダラクリームなどの軟膏で完治すると言われています。つまり、早期発見がベストなわけですね。2日に1回のペースでアルダラクリームを塗ります。

でも、次第にイボが小さくなっていき、徐々に改善につながるとされています。早い人で2~3週間です。でも、発病から時間が立ち、そののちに軟膏を塗っても効果が無いおそれがあるために、最終的には外貨的手術、レーザー治療に頼ることも。