ヒトバピローマウイルスの原因として、感染者に触れたり、皮膚の傷が原因で起こることが有ります。しかし、ほとんど性行為時の若年化や性交渉相手の多様化、経口避妊薬の普及によるコンドームの使用率の低下などの影響で、感染が増加してしまうことがわかっています。

それから、感染が増加する要因は、最初にウイルスの感染した量にも変わります。1度感染してから、更に、他の人と性行為を行い、違う感染経路でウイルスを感染すると、症状が比較的強くなることがわかっています。

無症状の人は痛みも皮膚にイボもないのですが、自分がコンジローマという自覚がありません。しかし、唾液や性器の粘膜には増殖したウイルスが存在しているため、どんどんとウイルスが増殖します。

性行為などでパートナーを感染させてしまうと確率や約70~80%だと言われています。そのために、性行為時は、できるだけ清潔を保つこと。そして、コンドームなどを最低限使うことも重要です。

最低限の事を行えば、感染やウイルスの症状を抑えることができます。