ヒトバビローマウイルスは、皮膚の表面に起きたイボの中や陰部の粘膜の中でも増殖する、感染力は非常に強いウイルスの一つです。

皮膚に出来た水ぶくれや爛れなどの幹部に触れると、手指やものなどにウイルスが感染します。つまり、安易に症状がある患部に触れることはもちろんですが、症状を持っているヒトが、食器やタオル、など他の人が利用するものを使うと、感染します。

しかし、ウイルスに汚染されたとしても、健康な状態であれば、皮膚には細菌やいう留守など、外部からの親友しないように免疫が強いために、バリア機能のおかげで、観戦をすることは少ないです。

でも、注意しなければいけないのが、ウイルスに触れたヒトの皮膚に傷がついていたり、それから疲れている状況、性交渉などによると、感染率は一気に増大します。

そのために、常に健康的な体で、清潔感を維持することは重要になります。

現代の中で、感染すると完全にウイルスを消滅させることはできません。ようするに、体内に一生ウイルスが存在していることになります。そのために、体調が悪かったりすることで、何度も再発を起こす可能性があるので、注意が必要。