コンジローマによる、股間の陰部や肛門などに起こるイボをコンジローマといいます。この悩みは、どうしてもあ”恥ずかしい”ということがあるために、病院に受診をして、薬を処方して貰う人がいない。そのために、アルダラクリームを使い、ウイルスを抑制させます。

しかし、完全にウイルスを抑えても、再発をすることがあるために十分にチュイが必要です。あくまでも、アルダラクリームは、ウイルスの増殖を抑える効果しかありません。この増殖を抑えることで、神経に対する痛みが収まり、イボが改善し、痛みや痒みもなくなります。

ただし、再発が起こるために注意が必要。
ウイルスが最活性するキッカケの多いのは「性交渉、過労、ストレス」です。これらによって体の免疫力が低下するため、ウイルスを抑えることができなくなり、次第に増えてしまうわけです。

しかも、ヒトバビローマウイルスの怖いのは、イボができて、痒みや痛みが起こるだけでなく、発熱や頭痛、歯の神経の痛みが起こることもあります。

そのため、予防策としては、免疫を低下させないように心がけること。つまり、普段から栄養のあるものを意識して食べる。そして、疲労やストレスを溜めないような生活環境を心がけることが重要です。