ウイルスの感染でコンジローマが発症する
ピリピリとした痛みや痒みを発症する「コンジローマ」。この原因はヒトバピローマウイルスが関係します。通常それほど症状が重くない病気です。

でも、初めて感染した時、まだ体内にウイルスに対するめん器が無いため、症状が強く出る場合がある。通常はウイルスに感染して4~7日で感染した部位に発疹してから、赤いイボができてしまいます。

皮膚症状だけでなく、感染部位に近いリンパ節も腫れて痛みが起こることも・・・そのために、普段とは違った違和感を感じたら、コンジローマに効果のあるアルダラクリームを利用します。

放置すると、全身の発熱やだるさ、頭痛などが起こることも・・・。コンジローマは、一般的には痒みやピリピリとした痛みですが、全く感じないヒトもいます。そのために、次第に症状が悪化してしまう恐れも。

症状が悪化してから、アルダラクリームを使うと、効果はありますが、約3~4ヶ月ほど掛かるために、ここらへんをしっかりと理解した上で利用すること。

でも、初感染で無症状だったり、わずかな発疹や違和感のある程度で治療してしまう人もいる。どうしても、私の経験だと、アルダラクリームは結構痛いです。そのために、症状によった対応をうまく使うこと。

用量が多すぎると、「過激な痛み」が起こる可能性もあります。ココらへんはしっかりと考えて行いたいものです。